社会医療法人 ペガサス 馬場記念病院

診療科・部署紹介

医療機器管理(ME)部

私たちは一般的にはあまり知られていませんが、『臨床工学技士』という国家資格を持ったスタッフが在籍しており、人工呼吸器を代表とする『命をつなぐ機器』に携わっています。
私たち『臨床工学技士』は表舞台に立つことは少ないですが、現在の医療に欠かせない高度な機器の安全確保、また操作も行うスペシャリストとして日々活躍しています。
医療機器は院内のあらゆるところで使用されるため、活躍の場も多く、主に次に挙げる業務を中心に行っています。

① 医療機器管理業務

私たちは馬場記念病院内だけではなく、法人内全施設の全ての医療機器の管理を行っています。機器情報をデータベース化することで、どの機器がどこで使用されているかの把握、また機器の定期的な点検スケジュール組み立てなど医療機器の安全使用と効率的な管理を行っています。また機器を使用する院内スタッフを対象に様々な機器についての講習会を実施しています。

② 血液浄化業務

血液浄化業務では、透析室スタッフとしての役割と、急性期・アフェレーシス領域での各種血液浄化を24時間体制で対応しています。
地域支援病院として、近隣の透析クリニックからの紹介患者様に対し、安心して同様の透析環境が提供できるよう、スタッフ一同取り組んでいます。

③ 手術室業務

手術室に臨床工学技士が1名常駐し、腹腔鏡手術の立会い、関節鏡手術の立会いやラジオ波焼灼療法におけるジェネレーター操作など様々な手術に携わっています。また手術室内にある機器全ても保守管理を行い、安全対策に努めています。

④ 内視鏡業務

内視鏡検査とは口や肛門から内視鏡を挿入し、消化管の観察や処置・手術を行います。近年、内視鏡関連機器の発展が目覚しく、工学的知識や技術が必要とされています。そこで私たちは内視鏡認定士を中心に業務を行っています。
主な業務内容は機器の準備・点検・トラブル対応や、物品の準備・管理、Dr介助操作等、検査が円滑に進むよう業務を行っています。

⑤ 心臓カテーテル検査業務

心臓カテーテル検査とは、手足の血管内から心臓へカテーテルを挿入し、冠動脈や血行動態など、心臓の機能を診断する検査のことです。私たちは術野での検査介助・X線透装置や各種血管診断装置(IVUS・OFDI)の操作、補助循環装置(IABP・PCPS)の操作、心電図装置の記録を担当し、チーム医療の一員として検査業務に携わっています。

また頻脈性不整脈を根治する治療であるカテーテルアブレーションでも力を発揮しています。心臓カテーテル検査同様、検査介助・心内心電図解析・3Dマッピンク装置の操作メインに行い、循環器内科医と看護師、診療放射線技師と協力し、最先端の治療を行っています。

⑥ ペースメーカー関連業務

当院ではペースメーカー植込み時の補助、またペースメーカー外来で植込んだ後の動作状態を定期的にチェックしています。現在ではMRIに対応している機種や、自宅にいながら医療従事者が動作状況を確認できる最先端のシステム(遠隔モニタリングシステム)なども導入し、私たち臨床工学技士が大きな役割を担っています。

PAGE TOP