社会医療法人 ペガサス 馬場記念病院

診療科・部署紹介

形成外科

診療内容と特色

形成外科とは、あごや顔の外傷・変形、全身の皮膚その他の腫瘍や外傷、熱傷(やけど)、褥瘡(床ずれ)、全身の傷跡の治療などを行う診療科です。当診療科では、皮膚の腫瘍摘出術や顔面骨折手術の他、外科的操作を最小限に抑えた創傷治療に多くの実績を残しています。
顔面骨骨折を含む顔面外傷全般、全身の腫瘍の切除と再建、褥瘡・皮膚潰瘍・熱傷等の皮膚損傷の低侵襲治療、眼瞼下垂、瘢痕拘縮(ひきつれ)・ケロイドの加療等を行っています。
また、他科と密接に連携して患者さまのQOLやADLを優先した形態的再建を目標としています。
顔や全身の皮膚の外傷・変形、腫瘍など、目に見える部位が対象となるだけに、傷跡を最小限にする加療を行っています。
これらの他にも、NST(栄養サポートチーム:Nutrition Support Team)や感染管理の活動等にも積極的に取り組んでいます。

医師紹介

副院長・部長
山本 喜英

卒業大学・学位
大阪医科大学医学部
医学博士
所属学会・資格
日本形成外科学会 専門医
日本形成外科学会 皮膚腫瘍外科指導専門医
日本創傷外科学会 専門医
日本静脈経腸栄養学会 認定NST医師
日本外科感染症学会 インフェクションコントロールドクター(ICD)
日本頭蓋顎顔面外科学会
日本褥瘡学会
日本医師会 認定産業医
専門領域
顔面外傷
形成外科一般
役職
大阪医科大学医学部 臨床教育教授

PAGE TOP