社会医療法人 ペガサス 馬場記念病院

診療科・部署紹介

薬剤部

ご案内

薬剤部では、患者さまにとって安全で最も効果的な薬物治療を受けていただくために、医薬品の適正使用を推進するとともに、お薬の適切な情報提供、副作用の防止や早期発見に努めることにより、医薬品にかかる医療安全を確保することが病院薬剤師の役割と考えています。
また、医師、看護師をはじめとする医療スタッフと連携を密にし、薬物療法を通して、栄養サポートチーム(NST : Nutrition Support Team)、感染制御チーム(ICT : Infection Control Team)および緩和ケアチーム等の一員として活動しています。

 

特色

院外処方せんの発行を推進しており、薬剤部では全入院患者さまの一包化(1回分のお薬を一つの袋に入れたもの)調剤を実施しています。その際には、電子カルテに基づいて患者さまの状態を把握し、処方された内容をチェックすることにより、副作用の早期発見や相互作用などの確認を行っています。注射薬の調剤については、患者さまごとに1回分ずつセットして払い出すとともに、中心静脈輸液、末梢静脈輸液および抗がん剤等の混合調製を無菌的に実施しています。
また、全ての病棟において担当薬剤師をチームとして配置し、患者さまへの良質な医療の提供のため、医薬品にかかる安全性情報等を医師、看護師等に提供するとともに、服薬計画の提案などを行っています。

調剤室①
調剤室②
無菌調製室
化学療法ミキシング室
医薬品情報管理
病棟業務

病棟関連業務

入院される際、患者さまが今までのんでいたお薬を持参していただき、薬剤名・規格・用法・用量などの確認を行い、相互作用・重複投与がないかなどをチェックします。医師の指示の下、薬剤部で一包化しお薬をのみやすくしています。入院中の患者さまに対して医薬品を安全・安心に使用していただけるよう、直接、患者さまのベッドサイドに赴き、服用されているお薬についての説明を行ったり、お薬の相談を受けたりしています。また、検査データのチェックを行って、副作用等の早期発見にも努めています。
さらに、病棟担当薬剤師は、医師等の医療従事者の負担軽減および薬物療法の有効性、安全性のための薬剤関連業務にも取り組んでいます。

医薬品情報関連業務

医薬品の情報は日々変化しますので常に最新の情報を収集するとともに、得られた情報を分析・評価し、迅速に医療スタッフに情報提供しています。ジェネリック医薬品の採用に際しては、先発医薬品との比較データを収集し、品質・安定供給などを確保した上、採用を検討しています。また、院内医療スタッフに情報を周知するために、「DIニュース」を毎月発行しています。

化学療法関連業務

抗がん剤が安全かつ効果的に用いられるよう、投与量や投与間隔などをレジメン(時系列的な治療計画)に基づき、処方内容を厳重にチェックしています。また、注射抗がん剤は、安全キャビネットを用いて無菌的に混合調製しています。

治験業務

医薬品の臨床試験(新薬開発)に関して、患者さまの安全と権利を保護し、治験の科学的な質と成績の信頼性の確保を目的として実施しています。治験協力の依頼を受けた際は、薬剤師も加わった治験審査委員会を通して、患者さまに安全・安心・納得していただける体制をとっており、治験薬の管理も薬剤部で行っています。

薬学実務実習生への教育

医療に貢献する実践力の高い薬剤師をめざして、薬学生は在学中に病院、薬局で実務実習を行っています。薬学生に対し、認定実務実習指導薬剤師を中心に全薬剤師で基本的な調剤業務から注射薬の無菌的調製、病棟薬剤関連業務等に至るまで、将来の薬剤師の育成のために幅広く指導しています。

PAGE TOP